Communes

ITサイトのボランティア支援に参加してきました

今朝は某コミュニティサイトの一般ユーザーのディスカッションに招待されたので、ちょっくらいって来ました。
日本では数少ない、広告レスの非営利コミュニティサイトをどうやってインターネットでもっと利用していただくか、という点や、最近、広告でネットを汚染している悪評高いGoogleの横暴にどのように立ち向かうか、そして私たちの健全なインターネットをどのように守るべきか、そんな話題がテーマでした。

コミュニティのトップページの意見交換もあり、参加者16名ほどでしたが、ツイッターやグーグルのような「何もない検索画面だけの構成デザイン」が今はブームでも、やはりコミュニティサイトは「投稿があって始めて成り立つ」という見解で一致し、もとの新着リストを戻す案が決議されていました。(昔はリスト無しに挙手しましたが、私も、最近ではリストがあったほうがいいように思ったりします)

いろんな人たちがボランティアで集まり、ミーティングして形が決められていくサイト運営って、ほんとうにここくらいしか見たことがないので、これからも大切にしたいな〜って思いました。

最近は、比較的ヘンな人も少ないようなので、プロフィールの表示方式も案がいくつか出されていて、ログインした会員であれば、他人のプロフィールの表示画面で「メール送信ボタン」を表示しても良いのではないか?ということになったようですね。

もっとも、フレンド登録しなければメールは送れないのは大切ですけどね。(迷惑メールはイラナイしね)

また、たくさんのメール交換やコミュニティ参加者が増えて、こうした日本でも有数な健全で安心できるインターネットサイトが認知されて広く盛り上がるといいな〜って思います。ただの消費者ユーザーで何でもモノゴトを判断できない若者世代が多い社会ですが、いずれそうしたカネとサービスのサイトでは「ツケ」がくるわけですからね。

またボランティア参加のディスカッションがあったら、レポートしたいと思います。


PS:スタッフのみなさんも、どうぞ頑張ってくださいね。応援しています〜。

Trackback URL: トラックバック用URLを生成するには、JavaScriptを有効にしてください。

No trackbacks

コメント(0)



エモティコン
投稿から7日が経過した記事のコメントはスパム防止のため簡単なクイズにお答え下さい
個人情報を記憶
通知
アドレス非表示
注意: 使用できるタグは <b> と <i> のみです。URLやメールアドレスはそのまま記述すればリンクになります。
Copyright (C) 2023 Communes ™ All Rights Reserved.