Communes

現代の集客はすべてインターネット

まあ、いうまでもないのですが、言ってもわからない経営者も多いそうで・・・

現代の集客のすべては、旅館もホテルもショッピングもすべてインターネットになりましたね。

欲しいものを検索サイトで検索して見つけて通販ページから購入する。

検索サイトでキーワードを入れて検索すればスグに見つかるので、いまや楽天だからとか、カラーミーだから集客ができるとか、そんなのぜんぜん関係なくなっちゃったわけです。

スグに見つからないなら買わないだけ。

スグに見つけてもらいやすくするのがSEO集客だけど、それだって検索サイトのメンテ更新で順位なんてどうにでもなる。

良いSEOをつかったって客は来ない。集客が多くたってモノは売れない、予約も来ない。

しかし、まじめに真剣に毎日かかさずブログを更新したり、コミュニティで情報発信するだけで、なんとSEOの株もページランク5とか6にもあがるし、ALEXサイト評価でも100万位くらいすぐに挽回する。

そう、大事なことは、毎日続けること!

実はそれがSEOでいちばんのウエイトであって、小手先だけホームページにSEOの細工を取り付けても、逆に次のメンテナンスで「故意にいじった疑いがある」と見なされて、ずどーーーんと下がるそうだ。

コミュネスという非営利のパブリックなコミュニティサイトのオーナーが毎週開催している地元のITセミナーがあるんだけど、無料で参加できるので毎週楽しみにしてるけど、ほんと、すごい勉強になりますね。だめな企業とかもリストアップされているし、なるほど、なんであの酒田の水引教室が他で悪くいわれてるのかとかもバッチリ情報ゲット。理由も証拠もあるんですね。

SEOだけ狙って2〜3ヶ月で売り上げをあげようなんて夢のような話はない。

なるほど、メモメモ。肝心なことは3年くらい毎日かかさずコツコツ情報発信する。つまり自分の声でお客様に来てもらえるよう情報を伝えること、これがSEOでも高く評価され、更新頻度も内容もすべてにおいて「お客様の心に響く」。

その結果が「購買」そして「宿泊予約」に結びつく。

なにも自分で経営者や社員がITの投稿をせずに、ただレンタルサーバやホームページ会社だけを転々と渡り歩いたところで、何もならないのだけどね。それがいちばん銭失いという統計データも見れて、なるほどと思いました。

成功しているホームページは、例外なく支援しているITの専門会社が必ず「人が集まる人気サイト」を現在運営しているという共通点もあげられますね。もっとも、大手サイトではダメです。それはお金だけ先に取られるから。商売ベースだから大手になれたわけで、そのサイトの図体を支えるためには、まず先に「金」が要るので、大手サイトにショッピングサイトを出すと、まず金ばかりかかって売れないことも判明しました。

そう、地元に所在地を構えながら、きちんとインターネットの世界で数万人もの会員さんを保有している「今生きている人気サイト」を今現在運用しているIT専門会社が作るホームページしか成功できない、ということです。料金も安いし、いろいろ面倒みてくれますしね。

もっとも安いとはいっても「無料」じゃないのだから、当然料金は発生するのは当たり前ですから、そこを踏み倒せば裁判訴訟は当然の話でしょうけど。

今はインターネットで経営者が集客する時代!

しかし、根底のホームページや支援してくれるIT専門会社がロクデモナイと、売り上げも伸びないし、集客も来ないし、レンタルサーバだけ転々として終わりますね。

社員スタッフも一丸となって、よいIT専門会社の支援の下に、よいサーバーを利用して、こつこつ情報発信すれば、誰でも勝ち組になれる。

コミュネスのITセミナーで、成功企業の実態も見せてもらって、なるほど勉強になりました。もしセミナーに参加してみたいとお考えであれば、あなたの会社の成功にむけて、よろこんで無料セミナーをご紹介させていただきます。そんな応援くらいしか出来ませんけど・・・・

Trackback URL: トラックバック用URLを生成するには、JavaScriptを有効にしてください。

No trackbacks

コメント(6)

gravatar for 茶太
ふと訪れてみましたが、
ほのかさん、よくわかりませんがいろいろされているんですね。

読ませていただき、参考になりました。

こんところ私の会社も不況ですし、何か副職を探す必要があると思い、WEBショップ経営を考えていました。
あちこちのサイトを見ておりましたが、正直何から手を付けてよいのかわからない状況です。
実はショップ経営と口にしたものの、知識はほとんどないに等しく、具体的な展開はまだまだなのです。

そこでお尋ねですが、コミュネスのITセミナーというのは、いつどこで開催されるんでしょうか?
私でも参加が出来るものなのでしょうか。
茶太 - 2011-12-09 17:58
gravatar for ほのか
茶太さん、コメントありがとうございます。WEBショップはコミュネスさんのレンタルサーバで開店されている方々がいますね。実際に店長さんにお会いしたこともありますが、リアルで知っていたということもあり、ほとんどのWEBショップの店長さんはまったくゼロからスタートでしたね。楽天でやっていた方も、月額料金が高かったそうで辞めたみたいですが、何でもああいったところは銀行のリース契約で通販サイト構築料として300万円が請求され、5年の60回払いでこれを割賦払いで支払っていくそうです。つまり途中でやめた楽天のショップ店長さんは、楽天への残債をかかえながらのコミュネス出店デビューだったようですね。

コミュネスはレンタルサーバ会社だから、回線も太いし、機材も安定してるし、容量も充分だし、なにより社長が現役のプログラマーでいろいろなGPLサイトやCMSサイトで、コミュネスでよく使われている機能(モジュール)を公開提供したりもしているそうですから、詳しいなんてレベルを超えて神級ですね。

1999当時、まだ日本でも数少ないSNSソーシャルネットワークを国内で初めて作り、コミュネスの全プログラムはもちろんハードウエアのシステムもすべて設計開発されてきた人ですから、ネジの1本まで記憶しているツワモノですね。

今では良く知られるEC-CUBEやosCommerceが、まだ出始めの頃はそれらの製品のデベロッパーのパートナーだったそうで、いろいろ技術や知恵をだされて貢献されてきた方だそうです。当時のパートナー名簿をお見せ頂いたことがあります。

単なるホームページはもちろんん、通販サイトもあれば、ホテルや旅館の宿泊予約システム(空室案内)、動画配信サービス、生放送システムなどもあるようです。

WEBショップということであれば、通販サイトのレンタルサーバということになりますね。

確か前に聞いた話しでは、無料で使えて商品が売れた時だけ成功手数料を何パーセントか支払えばいいだけのお手軽コースと、月額固定料でレンタル通販サーバを借りて、売れた時にわずかな手数料を払うコースのふたつがあったと思います。

詳しいことは、コミュネスの相談窓口で聞いてみるのも手かも知れませんね。無料相談会もやってますし、電話やメールでも相談できますよ。(相談無料)

コミュネスの会員さんならサービス盛りだくさんかも知れませんね。いろいろ力添えしてくれるので、勉強にもなりますし、何より人生相談にも乗ってくれますね。ひとことで言えば不思議な人です。そして利用者のことを常に考えている、それはヒシヒシ伝わってきますね。

もっともレンタルサーバなりWEBショップなり、安いものを探せばいくらでもあるでしょうが、それで失敗している人もたくさん見ているので、300円とかでショップが持てるとか激安サービスとか、まさにお金をドブに捨てるようなものですし、お金よりもっと大事な「時間」を捨てるようなものです。

インターネットは、例えば商品登録するとしますと、それを「なるべく直したり消したり移転しないで長く使って売ること」が時間的コストで大事ですよね。1点や2点ならチョチョイと直せても、10点や20点ともなれば、そんな簡単にチョチョイとは直せませんものね。
ほのか - 2011-12-13 01:19
gravatar for ほのか
売れないで失敗している多くのWEBショップ経営者の悩みがまさにそこですね。今回のセミナーがそれの講話でしたからね。あっちで開店、こっちで開店、またあっちで開店と、フラフラとサービスを移動してみたり、閉店してみたりと、結局どれでやっても根がついてないからダメ‥‥‥しまいには楽天お馴染の60回払いリース契約!で、毎月の見た目は安く見えるけど5年という期間に渡り首にナワで縛りつけられますね。

長くなりましたがセミナーはインターネット生放送でやることも結構多いですね。自宅のパソコンで参加できますね。ゼロから教えてくれますよ。条件としては、コミュネスのレンタルサーバでWEBショップを出店することくらいかな。その出店料なども教えてくれますし、定価があって無いようなもので、無料というわけにはいかないのは当然ですが、売上げがなかなかあがらないで苦しんでいるときに、きちんと電話で相談して誠意を見せれば、無理に取り立てることはしない、そんな実話も耳にしたことがあります。まあ、逆に誠意を見せずに、自分でショップ運営の努力を怠り、売れない、売れない、払えない、と、意味不明な言いがかりでイチャモンを付ければ、契約書の通りの血も涙も無い請求だけでしょうけど‥‥‥(それが本来普通でしょうけど)

あちこちのサイトを見て、比較して決めていく、というのが実はすべてのワナですね。

それはコミュネスのITセミナーでよく実感しました。私自身がそうしていろいろなサイトをみて決めて失敗してきたクチだったので‥‥‥

たぶん、お料理と同じなんだろうと思います。インターネットでサイトを運営する、ということは、まさに実際に自分の手で料理を作る、デコレーションをする、のと同じことですね。まさかゼロからプログラムを作るということはありません。それはビルを手作りで作るショップみたいなものですからね。

ビルテナントの店舗はレンタルで借りるわけですから、借りた店舗の内装デコレーションとか商品陳列とか運営とか集客とか、そういうことです。それは自分でやるしかありません。店長なのですから。私も含めて多くの人が失敗しているのが、そのビルテナントとサービスの選び方ですね。

そこが料理みたいなもので、実はいちばん大事なことは、ビルオーナーもそこでショップなりサイトなり、実際に現役で集客したりして第1線でサイト運営を本当にやっているビルオーナーでなければ、結局、問題が出たときに、たらいまわしにされて終わりです。
ほのか - 2011-12-13 01:22
gravatar for ほのか
あちこちのサイトに文字で書かれているヘルプサポートなんて、正直いって全く意味がありません。初心者騙しのヘルプデスクみたいなものです。結局、テレフォンサポートのオペレーターもマニュアル読んで答えてるだけであって、そのオペレーターが例えばコミュネスやmixiのような人気コミュニティで第1線で現場でサイトで運営している人かと考えると、自ずと答えは「否」ということです。

そこが「お料理」と似ている点です。

インターネットはまさにお料理のようなもので、美味しい料理を自分で作るにはどうしたらいいでしょうか?

コミュネスのITセミナーの受け売りで恐縮ですが、実は本当に現場で美味しい料理を作っているプロのシェフに診てもらうのが一番ということです。いくらホームページでクックパッドなど料理サイトを調べても、たしかに美味しそうな完成見本や工程が書かれていて、「自分で作れちゃった気になれる」幸せな雰囲気は味わえますが、いざ自分で作るとなれば、サイトの情報ではうまくできないことが多いと思うのです。

それでうまくいくなら、クックパッドとかも既に読まないと思うんです。

そこが、まさに「いろいろなサイトを見て調べて‥‥‥‥決めようとすると失敗する」ということです。

餅は餅屋。

WEBショップはレンタルサーバのプロに聞け!
レンタルサーバでもきちんと人気サイトを運営している会社に聞け!

私も初めはよくしらなくて、サイトに書かれている「初年度無料」だとか「安いよ!」だとか、そんな感じの広告に釣られて失敗しましたね。だって、良く考えてみれば、その初年度無料とかいうところでWEBショップを借りても、肝心な集客は自分で集めなきゃならないわけですから、それならコミュネスなどの商用集客宣伝も可能としてくれているコミュニティで連動して運営した方が良いに決まってますものね。コミュネスのレンタルサーバでWEBショップを出している人であれば、商用目的で集客でコミュニティをコミュネスは無料で貸してくれるそうです。他のレンタルカートであれば、結局mixiにしてもプレミアムだの、某SNSは商用禁止だの、また某コミュニティは商用会費は月額9800円だのと、高いことを言われますものね。つまり集客に多額な費用や時間の無駄が生じる‥‥‥
ほのか - 2011-12-13 01:22
gravatar for ほのか
私も痛い思いをしたので、ほんとそれだけはよくわかります。
だからもう移動せずコミュネスだけでやってるんですけどね。
インターネットの集客は結局「自分」なんですよね。

自分を応援してくれるそんな温かいコミュニティに支えられていなければ、楽天だろうとどこだろうと結局無駄ということです。なぜなら楽天がお客様を連れてきません。

自分でもネット検索して商品を買おうとすればわかりますが、Googleかヤフーで検索して通販で調べて価格を比較して購入するだけですよね。別に楽天が何か特別にお客様に超能力で呼びかけた、、なんてことは無いのが現代のインターネット社会です。楽天などの通販ショップサービスは、まだ検索サービスが普及していなかった10年前の遺物ですね。グーグルに登録されるまで3ヶ月もかかった、という時代の遺物通販サービス‥‥‥いまじゃホームページや通販サイトを立上げて、たった2時間後にグーグルで表示される時代ですものね。

長くなりましたが、何かお役に立てるといいのですが‥‥‥

コミュネス事務局の連絡先はこちらです売れないで失敗している多くのWEBショップ経営者の悩みがまさにそこですね。今回のセミナーがそれの講話でしたからね。あっちで開店、こっちで開店、またあっちで開店と、フラフラとサービスを移動してみたり、閉店してみたりと、結局どれでやっても根がついてないからダメ‥‥‥しまいには楽天お馴染の60回払いリース契約!で、毎月の見た目は安く見えるけど5年という期間に渡り首にナワで縛りつけられますね。

長くなりましたがセミナーはインターネット生放送でやることも結構多いですね。自宅のパソコンで参加できますね。ゼロから教えてくれますよ。条件としては、コミュネスのレンタルサーバでWEBショップを出店することくらいかな。その出店料なども教えてくれますし、定価があって無いようなもので、無料というわけにはいかないのは当然ですが、売上げがなかなかあがらないで苦しんでいるときに、きちんと電話で相談して誠意を見せれば、無理に取り立てることはしない、そんな実話も耳にしたことがあります。まあ、逆に誠意を見せずに、自分でショップ運営の努力を怠り、売れない、売れない、払えない、と、意味不明な言いがかりでイチャモンを付ければ、契約書の通りの血も涙も無い請求だけでしょうけど‥‥‥(それが本来普通でしょうけど)
ほのか - 2011-12-13 01:25
gravatar for ほのか
あちこちのサイトを見て、比較して決めていく、というのが実はすべてのワナですね。

それはコミュネスのITセミナーでよく実感しました。私自身がそうしていろいろなサイトをみて決めて失敗してきたクチだったので‥‥‥

たぶん、お料理と同じなんだろうと思います。インターネットでサイトを運営する、ということは、まさに実際に自分の手で料理を作る、デコレーションをする、のと同じことですね。まさかゼロからプログラムを作るということはありません。それはビルを手作りで作るショップみたいなものですからね。

ビルテナントの店舗はレンタルで借りるわけですから、借りた店舗の内装デコレーションとか商品陳列とか運営とか集客とか、そういうことです。それは自分でやるしかありません。店長なのですから。私も含めて多くの人が失敗しているのが、そのビルテナントとサービスの選び方ですね。

そこが料理みたいなもので、実はいちばん大事なことは、ビルオーナーもそこでショップなりサイトなり、実際に現役で集客したりして第1線でサイト運営を本当にやっているビルオーナーでなければ、結局、問題が出たときに、たらいまわしにされて終わりです。

あちこちのサイトに文字で書かれているヘルプサポートなんて、正直いって全く意味がありません。初心者騙しのヘルプデスクみたいなものです。結局、テレフォンサポートのオペレーターもマニュアル読んで答えてるだけであって、そのオペレーターが例えばコミュネスやmixiのような人気コミュニティで第1線で現場でサイトで運営している人かと考えると、自ずと答えは「否」ということです。

そこが「お料理」と似ている点です。

インターネットはまさにお料理のようなもので、美味しい料理を自分で作るにはどうしたらいいでしょうか?

コミュネスのITセミナーの受け売りで恐縮ですが、実は本当に現場で美味しい料理を作っているプロのシェフに診てもらうのが一番ということです。いくらホームページでクックパッドなど料理サイトを調べても、たしかに美味しそうな完成見本や工程が書かれていて、「自分で作れちゃった気になれる」幸せな雰囲気は味わえますが、いざ自分で作るとなれば、サイトの情報ではうまくできないことが多いと思うのです。
http://communes.jp/contact/
ほのか - 2011-12-13 01:25


エモティコン
投稿から7日が経過した記事のコメントはスパム防止のため簡単なクイズにお答え下さい
個人情報を記憶
通知
アドレス非表示
注意: 使用できるタグは <b> と <i> のみです。URLやメールアドレスはそのまま記述すればリンクになります。
Copyright (C) 2023 Communes ™ All Rights Reserved.