Communes

買いモノ衝動を抑える秘策

浪費は楽しいけど、入手すると満足感は消える

買いモノは楽しいので、ついつい買いすぎてしまいますよね。

買おう!と思ったら、意外とずるずる買ってたりします。しかも、ガマンしようとするとストレス・・・なぜあの時買わなかったの?!と後悔する自分を想像して、千円、2千円、3千円というように、安いから大丈夫、みたいに浪費してしまう。

若いころは時に、来月に払えばいいや、というような未来期待であてもなく買う。

これって、考え方ひとつで浪費を抑制することができます。

簡単に2つだけ守ればいいのです。

1、本当に「今」必要なのか?今手に入れないと死ぬほど困るのか?
2、数カ月後に安くなっていないだろうか?価値が変わる様な品では無いのか?

これをじっくり10分だけ考えます。その間は、喫茶店でお茶でも飲みながら、ゆっくりこの2つの「ホントに今?」「将来安くなってない?」を自分に投げかけます。

すると、答えは当然ながら「不要!」と出てきます。

たいていの品は、不用品ばかりです。生きていくのにほとんど役に立たない。食料品とか、必要なファッション衣類、そして生活雑貨(住)くらいしか必要ではないはずです。衣食住ですね。

別に今買わなくてもいいし、また、もし買ってしまったからといって、それが1000円高く買ったからといって後悔する必要もありません。その時に手に入れたから1000円高かっただけ、ということです。だから別に後悔なんてしなくていいのです。

そうして「今あるものを正しく満足できるトレーニング」を続けていくと、なんと浪費癖はほとんどなくなります。

・・・・って、私の経験談なんですけどね。いまでは地味に暮らしてます。はい〜

Trackback URL: トラックバック用URLを生成するには、JavaScriptを有効にしてください。

No trackbacks

コメント(0)



エモティコン
投稿から7日が経過した記事のコメントはスパム防止のため簡単なクイズにお答え下さい
個人情報を記憶
通知
アドレス非表示
注意: 使用できるタグは <b> と <i> のみです。URLやメールアドレスはそのまま記述すればリンクになります。
Copyright (C) 2023 Communes ™ All Rights Reserved.