Communes

LaLaCallその後の体験レポート

うん、プッシュはキャリアの問題が強い

Smartalk,FreePP,LaLaCall プッシュが「売り」ですが、いろいろ試したのですが、「呼び出し鳴り」についてはどれも不安定といった感じです。それでもよく「鳴ってくれるほう」が台湾のFreePPでした。

ちょっとした呼び出し回数での体感的な「呼び出し鳴り率」では・・・・こんな感じですね。なお、メールのプッシュも影響するということをパソコンドクターからも聞いていたので、最短呼び出しの15分をすぎてからそれぞれ計測しました。

着信ベル鳴り率
Smartalk 1分以内0% 2分以内10% 3分以内 60% 4分以内90%
FreePP 1分以内2% 2分以内 60% 3分以内99% 4分以内100%
LaLaCall 1分以内1% 2分以内50% 3分以内99% 4分以内100%

ようするに、APPプッシュ通知という点では、どれもすべて100%鳴っているということです。しかし、問題は「呼びベルの30秒以内に確実に1回でも鳴るのか?」という点に尽きるんじゃないかと思います。その点では、050電話などのIPフォンはすべて負けています。

ただし、鳴らす方法もあります。鶴岡市のパソコンショップの須藤総研パソコンドクターに教えてもらったのですが、Cydiaの「某モジュール」を利用することで、プッシュ頻度を高めて1分以内に90%以上鳴らすことができるアプリもあるそうで、実際にショップで15分インターバルをおいて試してみましたが、確実に鳴りました。

問題は・・・電池がかなり減る。2倍とまではいかないけど、けっこう減りますね。1時間に1%弱といったところでした。通常は2時間で1%くらいですから、まあ、2倍くらい早く電池が無くなる計算になりますね。

しかし、それでも90%ですから、WIFIが切り替わったり、アンテナが切り替わったりすると、どうしたってベルの呼び出しが遅延するそうです。最大60秒遅延することになります。(1分周期なので)

だから、急いでいるときは、いくら電話を鳴らしてもスグに出てくれない、という気持ちになります。(そう、気持ちであって、60秒までば、ほぼ確実に鳴るのですが、そこを焦っていると、「鳴らない!壊れてる!!」「イライライラ」という感覚に陥るわけです。

じゃあ、楽天電話?? まさか、高すぎて使えませんよね。 050ケータイ電話に慣れてしまうと、3分7円〜10円が当たり前ですから、30秒で10円?!なんて6倍も高くて使えません。

ドコモ&ソフバ 1分40円・・・10分で400円・・・
楽天電話1分20円・・・10分で200円・・・・
IPフォン1分3円・・・10分で30円

つまり、どこから掛けても、30分で90円のケータイ電話ですから、そんな楽天電話みたいに10分200円なんて無理無理・・・・ 電話が確実にならないケースもあるし、完全に鳴らせるなら「ドコモ・ソフバ・AU」のキャリア電話ということだろう。

結局・・・・APPプッシュは技術開発過程ということで、まだまだ実用には無理。

どうやら「1分の壁」の問題がまだまだ厚いといったところ。それに対してメーカーの果敢なる請求システムだから、さすがに消費者もドン引きしてしまうわけだ。

パソコンドクターいわく、「こんな時代ですから、今は、確実に呼び出してIP電話で繋ぎたいなら、まずはSMSで呼び出して、お互いにアプリを画面に立ちあげて、その上で電話すればいいですよ。お互い同じアプリだとスカイプみたいに無料ですし、なによりベルが鳴らないとイライラすることもありませんよ。」

ああ、これは便利だわ。 SMSに3円かかるにしても、圧倒的に通話料が安いのだし、アプリ同士なら無料だし、これでいいような気がする。3円も積もれば高くなる?と言っても、3円x10回=30円ですしね。まして「急ぎ!」のために1日10回も呼び出すこともないしね。緊急呼び出しなんて、多くても2〜3回?! 1日2回としても6円・・・20日で120円。 缶コーヒー1本分ですね。

意外と「無料サービス」とか「大手広告」に翻弄されて、本質を見誤っていることが多かったようです。いずれはAPPプッシュ通知も改善されるでしょうし、SMS+LaLaCallで運営しようかと思ってます。

LaLaCallを選んだ理由は、家デンが激安ということ。ケータイでどこから掛けても、家デンに3分8円ですから、これは便利ですね。しかも家デンが050の無料ネットグループだと通話料無料ですから、これは使わない手はないですね。無料でない通信グループでも3分7円ちょいなのでGOOD!。もちろんSmartalk(フュージョン)もよくやってるとは思いますが、通話料が高いのが残念といったところですね。

スマトークは月額無料という点がウリですが、1クレジットカードで番号を複数取りたいときは1クレジットカードにつき2つ目から500円かかりますね。

この点でも、LaLaCallは1枚のクレジットカードでいくつも電話番号を持てるので(専用会員IDは個別に登録が必要)、クレジットカードをいくつも作らなくても家族全員分のケータイの050電話を旦那のクレジットカード1枚で「無料で取得する」といったことが可能です。スマトークも可能ですが、スマトークは500円づつ加算される。

LaLaCallの良いところは、まとめると、家デンや050電話が安い。ケータイ相手も安い。アプリ同士は無料。

気になるメッセージ機能もあるにはあるのですが、既読、未読、開封といった表示は出ませんので、まだまだ改善が欲しいところですね。

Trackback URL: トラックバック用URLを生成するには、JavaScriptを有効にしてください。

No trackbacks

コメント(0)



エモティコン
投稿から7日が経過した記事のコメントはスパム防止のため簡単なクイズにお答え下さい
個人情報を記憶
通知
アドレス非表示
注意: 使用できるタグは <b> と <i> のみです。URLやメールアドレスはそのまま記述すればリンクになります。
Copyright (C) 2020 Communes ™ All Rights Reserved.