Communes

ようこそ、コミュネス開発者ブログへ

自由に使えるサイトの雰囲気

自由に使えるサイトの雰囲気
当サイトではどなたも自由が保障されています。投稿したい人は自由に楽しく投稿すれば良いでしょう。記事を読んでコメントを付けて投稿者を励ましたいと感じるならコメントを付ければ良いでしょう。もちろん、他人の記事を読むだけで済ませたい人は読むだで構いません。
何か必ず投稿しないとサイトを利用することが出来なくなるといった制限は一切ありませんし、コメントを書かないと冷たい人だと指摘されるようなことも一切ありません。このように自由がテーマですので当サイトで何か強制されることは一切ありません。
相手を傷つけない限り自由に利用することができるのです。
SNSの持つ連帯感と情報共有、ブログの持つ情報発信、つぶやき掲示板が持つ気軽な情報提供、そして動画配信やWikiによる共同コンテンツ作成、そして生放映システムや無料テレビ電話システムなど、あらゆるインターネットサービスがひとつのサイトの中で有機的なネットワークで構築されています。
どのような行為は読み逃げですか?
その定義は当サイトでは「返信条件」によって条件が異るものと考えています。例えば、この記事を読んだ方はコメントをお願いします、という記事を読んで「逃げる」場合は読み逃げと指摘されるでしょう。しかし、自由に読んで構わないことが明文化されている記事を読んで逃げても「読み逃げにはならない」と考えています。
読み逃げになるケースは投稿者の記事内容にすべて依存しますので「閲覧のみ利用者」を読み逃げと呼ぶことは一切ありません。読者にも責任がある問題ですから、記事を良く読み、理解して、コメントを必要としている内容であればそれに従い、そうでない記事であれば読むだけで終れば良いでしょう
いずれにしてもサイト側がシステム的に「投稿しないと利用できない」ような制限をすることは一切ありませんし、当サイトは「自由な閲覧」もサイトの運営主旨に含んでいますので、難しく考えずにどうぞ自由に読んで楽しんで頂ければ幸いです。
当サイトでは、「参加しない限り読ませたくない」という投稿主催者の意思を尊重した「コミュニティ掲示板」というコーナーがございますので、自分が書く記事の読者は選りすぐりたいという場合はコミュニティ掲示板コーナーをご利用頂ければよいでしょう。
コミュニティ掲示板はインターネットに一切公開されない非公開システムですので、Googleやヤフーで検索しても一切でてこない掲示板サービスとなっております。このように、当サイトでは読み逃げとなるようなケースが少なくなるよう適材適所に適切なコーナーが用意されておりますので、誰にでも読まれたいならブログや掲示板を選んで投稿したり、読者を選りすぐりたい場合はネット非公開のコミュニティ掲示板を利用するなど、投稿者側でも各コーナーの特質をよく理解して投稿して頂ければ幸いです。

当サイトではどなたも自由が保障されています。投稿したい人は自由に楽しく投稿すれば良いでしょう。記事を読んでコメントを付けて投稿者を励ましたいと感じるならコメントを付ければ良いでしょう。もちろん、他人の記事を読むだけで済ませたい人は読むだで構いません。

記事の長さも自由です。1〜2行でも結構ですし、じっくり時間をかけた長文の記事でも構いません。

何か必ず投稿しないとサイトを利用することが出来なくなるといった制限は一切ありませんし、コメントを書かないと冷たい人だと指摘されるようなことも一切ありません。このように自由がテーマですので当サイトで何か強制されることは一切ありません。

相手を傷つけない限り自由に利用することができるのです。

SNSの持つ連帯感と情報共有、ブログの持つ情報発信、つぶやき掲示板が持つ気軽な情報提供、そして動画配信やWikiによる共同コンテンツ作成、そして生放映システムや無料テレビ電話システムなど、あらゆるインターネットサービスがひとつのサイトの中で有機的なネットワークで構築されています。

当サイトでは読み逃げ問題も中立の立場で考えています。Googleなどの業者広告をつけて、クリックを得ることで利益を生み出すために読み逃げを取り締るなどといったナンセンスな雰囲気作りをしないようサイト運営をしています。また、そうした業者広告は当サイト上にはひとつもございません。読み逃げについてよくある質問を以下の通りお答え致します。

どのような行為は読み逃げですか?

その定義は当サイトでは「返信条件」によって条件が異るものと考えています。例えば、この記事を読んだ方はコメントをお願いします、という記事を読んで「逃げる」場合は読み逃げと指摘されるでしょう。しかし、自由に読んで構わないことが明文化されている記事を読んで逃げても「読み逃げにはならない」と考えています。

このように、読み逃げになるケースは投稿者の記事内容にすべて依存しますので「閲覧利用者」を総称して読み逃げと呼ぶことは一切ありません。この問題は投稿者だけでなく、読者側にも責任がある問題ですから、記事を良く読み、理解して、コメントを必要としている内容であればそれに従い、そうでない記事であれば読むだけで終れば良いでしょう。

いずれにしてもサイト側がシステム的に「投稿しないと利用できない」ような制限をすることは一切ありませんし、当サイトは「自由な閲覧」もサイトの運営主旨に含んでいますので、難しく考えずにどうぞ自由に読んで楽しんで頂ければ幸いです。

当サイトでは「参加者以外に記事を読んで欲しくない」また「読んだらコメントを付けて欲しい」という投稿主催者の意思を尊重した「コミュニティ掲示板」というコーナーがございますので、自分が書く記事の読者は選りすぐりたいという場合はコミュニティ掲示板コーナーをご利用頂くと良いでしょう。

コミュニティ掲示板はインターネットに一切公開されない非公開システムですので、Googleやヤフーで検索しても一切でてこない掲示板サービスとなっております。このように、当サイトでは読み逃げとなるようなケースが少なくなるよう適材適所に適切なコーナーが用意されておりますので、誰にでも読まれたいならブログや掲示板を選んで投稿したり、読者を選りすぐりたい場合はネット非公開のコミュニティ掲示板を利用するなど、投稿者側でも各コーナーの特質をよく理解して投稿して頂ければ幸いです。

Trackback URL: トラックバック用URLを生成するには、JavaScriptを有効にしてください。

No trackbacks
コミュネス開発者

コメント

エモティコン
投稿から7日が経過した記事のコメントはスパム防止のため簡単なクイズにお答え下さい
個人情報を記憶
通知
アドレス非表示
注意: 使用できるタグは <b> と <i> のみです。URLやメールアドレスはそのまま記述すればリンクになります。

検索

アーカイブ

 
Copyright (C) 2018 Communes ™ All Rights Reserved.