YouTu■eもオワコンの道へ

2020年1月7日

もともと動画サイトの二番煎じYouTu■e,三番煎じニ○動。
インターネット動画サイトも終わりのコンテンツへ。

サイトが掲載コンテンツの管理を放棄すれば終わる。
図書館で例えれば簡単な話だ。図書館が本を検閲せず、内容に精通せず、チャイルド向けやアダルト向けの管理を作家にまかせれば、図書館は機能が終焉する。

一定の知識と免許を有する司書さんがいて、はじめて視聴者に正しい映像を視聴前に検査検閲のうえ放送サービスを提供する、それが動画サイトたる責任

日本とアメリカでは有名な某サイトは、それを無視する容易な発言をしはじめている。

以下は原文まま引用(著作権法に基づく)

引用著作権法第32条)による著作権の利用により、組織が特定された資料としても著作権法等には抵触なし。正当な思想の自由の主張による著作権の利用。

コンテンツを一番理解しているのはクリエイター本人、なのは当たり前として、それを詳細に検閲し、管理し、サービスを提供するのが「サイト責任」なのであって、それをクリエイターに責任転嫁するようなテキストはナンセンスの極み。

こういうネットの意見もあるんだ、といろいろ勉強になりました。
参考元はヒアリングや知人の話やブログ、グーグル検索してウェブサーフィンで見た記事など、出所が不確かなものも多いので、こまかいことまでは列挙しきれませんが、

ふむ・・・ここまでくると、いよいよ広告収益で人気ユーチューバーをGoogleサイドでサクラ育成しても、いよいよ終わりまで来たんだな、と考えさせられますね。

赤字でもサイトを守る!というのがインターネットとりわけ「金は汚い」の日本にマッチした正しいインターネットなので、金があれば何でもできる!金のために不労する!という非日本人育成サービスは、日本からさっさと追放した方がいい、という声もあるくらいですから

なるほど、なるほど。

 

Comments are closed.

Copyright (C) 2020 Communes ™ All Rights Reserved.