Google PageSpeed Insightsの有益性はホンモノ

2020年1月3日

グーグル広告は日本人の精神には馴染まないというブログを良く見かける。私個人も「カネで支配するサービス」という点では、グーグル広告ビジネスモデルというのは、やはり理解するのに抵抗がある。

そんな中、最近のインターネットIT成功者セミナーを受講したら、Google PageSpeed Insightsというグーグル公式測定システムが公開されており、これにパスしなければ、何をやってもSEOは上位を目指せないことを教えて頂きました。

Google PageSpeed Insightsは審査が厳しく、小手先でフェイクに数字を出すようなトリッキーな技で騙せるものではなく、レンタルサーバの足回りから応答性や信頼性などを徹底的に分析するという優れたシロモノ!

これで90点以上を出すのは、この道のベテランのプロでもかなり難しく、99~100点は神様レベル

インターネットでGoogle PageSpeed Insightsについて調べても、60~80点が目指せればかなりの上級なホームページということで、まずは70点をめざしましょう、というアドバイスが多い。

でも、当然ながら、70点で良いならグーグルも70点で満点評価でいいわけで、あえて100までスコアを表示する必要はない・・・

つまり100点を目指せなければ、やはりSEOやSEMで負けてしまうことは明らか・・・Google PageSpeed Insightsはサーバ選びからすべてが評価されるので、月額5000円くらいの「普通の企業向けレンタルサーバ」では頑張っても80点が良いところ・・・・

月額10000円以上のレンタルサーバでも、100点を出すのはかなり厳しく、月額30000円のエンタープライズサーバでやっと実現というのが、私の調べた結果でした。

そんな中、Google PageSpeed Insightsで100点をたたき出せるレンタルサーバがあると聞いて、さっそく調べてみました。

これはビックリ!! 本当に100点スコアを出している。
混雑時でも90点台をキープ!!

フツウに凄すぎる!

起業して間もない店舗や会社が、ライバル店を押しぬいてビジネスで下剋上をしたいなら、インターネット集客において必須要件となる「レンタルサーバー選び」ですが、以下に紹介するレンタルサーバはGoogle PageSpeed Insightsが公式に認める評価で満点を出せるなんてすごいです。

かなり長年続いているインターネット企業で、1993年から続いているそうです。安心のキャリアが違いますね。なるほどGoogle PageSpeed Insightsで100点スコアを出せるわけです。

Google公式測定サービス「PageSpeed Insights」完全対応
minix レンタルサーバ

ホンキで成功したい人は、必見だと思います。

Comments are closed.

Copyright (C) 2020 Communes ™ All Rights Reserved.