Google広告の何がヤバイのか?

2019年12月23日

「単刀直入に悪が拡大する」

1、広告収益が欲しい
2、人気動画や人気記事を作る
3、もっと金が欲しい
4、架空でもデッチアゲでも良い
5、どんどん加速する

しかも広告主も「売れる=金になる」ことだけを目的にするので、人情や善はまったく無視する。

事実、科学は性目的と軍事で栄えている。ビデオテープやインターネットも、もともとエロや軍事産業。

金のために理性が無くなる。

理性がなくなった金目当て(広告めあて)の「金づる動画」にこそスポンサーが金を出す。

しかし・・・消費者はバカではない。

結局10年も続かないで、商品は売れなくなる、サービスは続かなくなる。

広告が無いサイトは、20年以上前から続くが、そうでないサイトやサービスはどんどん入れ替え変わって行く。

金の構図は金しか生まない。
広告が欲しい連中は金の構図しかない。

しかし日本でも地方は「金」がなくても生きていける。

実際に、野菜やコメが「物々交換」で成り立ち、それで人々が生きている。

!!!なんと!

金がなくても生きていける。わずかばかりの金は税金に納めるにして、生きるために金がなくても、充分に食べていけるし、むしろ味も鮮度もじゅうぶんにリッチで豊かな生活が待っている。

インターネット広告・・・・

広告が無いインターネット情報サービスはすばらしいけど、そうでない広告収益インターネットは、動画サイトにせよ、ブログサイトにせよ、若者も大人も、いいかげん「卒業」してはいかがですか?

なるほど、今回の講習会も面白かったです。

起業育成セミナー「エンジェルウイング」で受講できます。
https://e-shonai.com/1520/

Comments are closed.

Copyright (C) 2020 Communes ™ All Rights Reserved.