Communes

農家が取り組む植物工場

東北の震災被災農家の新たな取り組みとして、植物工場なるものが取り上げられていました。

農地はあっても塩害で作物が作れない、あるいは放射能汚染で土地を使えない。例え作ったとしても買ってもらえない(風評被害)。

機械も海水に浸かって使い物にならない。今後も営農する条件が何一つ整わない最悪の状況。

巣立ちの前に旅立ちか?

セキレイの雛たち、どうやら巣立ちの前に天国へ旅立たれたようです。

巣の場所が場所だけに、多分巣から落ちたものと思われます。

残酷ですが、カラスがきれいに後片付けしていました。

ただいま 子育て中

今年のセキレイの巣です。

いつもの場所をスズメに横取りされて、トラクターのエンジンルームで子育てです。

久しぶりに恵みの雨

干ばつ気味の乾燥状態が続いていた畑に、恵みの雨でした。

降らないときは、降らず降り始めると、止まないことが多くなってきましたが

今回は、適当なお湿りでした。作物も順調のようです。

ハウスアスパラ収穫終了

今シーズンも、収穫第一弾終了しました。

これで少しは、忙しさから解放されそうです。 

一部分でも、日食初体験

北海道は、部分日食でしたが天気も良く初体験できました。

同じ北海道でも、曇りのところもあったようですが富良野は快晴でした。

GW終わって桜が満開に

GWが過ぎても仕事の忙しさは相変わらずですが、雪融けが遅かったにも関わらず

今年は、桜の開花も満開も早いです。

ゴールデンウィークは仕事最盛期

世の中GWで行楽シーズン真っ盛り。

北海道も桜前線が北上してくるようです。 

ハウスの中は真夏気分

いよいよGW! 気温も上昇。

陽射しを浴びて元気に泳ぐ鯉幟。 

アルミホイルは優れもの

包丁の切れが悪くなった時は、丸めたアルミホイルを包丁で切るだけ。

鍋の汚れ落としにタワシが無いときは、くしゃくしゃにしたアルミホイルで代用。

排水口のぬめりや臭い防止にも

環境保全は、地域おこしに

新潟県佐渡島で、放鳥されたトキの卵からひなの誕生。 国内では絶滅した後中国から贈られたつがいの人口繁殖から4年自然界でひながかえるのは、36年ぶりだそうです。 国の特別天然記念物でありながら、羽毛布団を作るために乱獲され農薬散布による餌の減少、伐採による営巣林の減少人間の勝手によって絶滅され、今再び人の手によって野生復帰をさせられる。 トキのひなが自然界で成長していくためには、どじょうなどの餌を毎日たくさん食べる必要があります。 農薬散布や河川や排水の改修などでどじょうも生育出来なくなった環境を元に戻すために、脱農薬どじょうの放流などで自然環境を保全する必要があります。 同じく絶滅から復活したコウノトリや北海道では、冬場の人工給餌などでかろうじて絶滅を免れたタンチョウなど地域を上げての取り組みが実を結んだものです。 鳥たちのための無農薬、減農薬栽培が兵庫県豊岡市の「コウノトリ育むお米」、佐渡市の「トキひかり」というブランド米も生まれています。 つまりは環境保全が地域おこしに繋がっている。 地方には地方にしか出来ないこと、人と人との繋がり人と自然との繋がりがあります。

ゴミを減らす暮らし

ゴミを減らす暮らしをすることは、お金の面でも環境にもとても大切な事です。

過剰包装のものは買わない。袋や包み紙を断る。食材は最後まで食べきる。野菜の皮も有効活用する。

主婦の方なら常に心がけている事でしょうが、意外と家庭でのゴミ減らしに効果が期待出来そうな事があります。

「ゴミ箱を小さくする」 これだけです。分別してゴミ出しということで、ゴミ箱を大きくしたり数を増やしたりするのはゴミを出す前提での事。

むしろゴミ箱を小さくすることで、「もう入らないかも」「これを入れたら満杯になりそう」と自然に心にブレーキがかかり、ゴミの出ないもの、少なくていいものに変わっていくらしいです。

例えですが、体重の増加一つをとってもウエストの締まったスカートやズボンなのか、ゴムの入ったスカートやスエット、ジャージなのか?

冷蔵庫やクローゼットなども、大きかったり広かったりすればするほど、余分に買ったり使わずに溜め込んだりしてしまいがちです。

収納の容量を小さくするだけで、必要なものだけを持つことで有効に無駄無くスッキリと暮らせるようになるというものです。

北海道の へそ

体の中心は、臍ですが地理的に北海道のと言われる処に生まれました。

因みに日本のへそと呼ばれているのは、兵庫県の西脇市です。

へそ繋がりで姉妹都市になっていますが、他にもへそ自慢の町はあるんでしょうかね?

飽食大国・日本

戦後の食糧難から、一転して豊かな食生活を手に入れた現代日本。

その反面食べられることなく廃棄捨てられる食品廃棄物、年間総発生量が食品産業全体で2272万?(2009年度推計)

製造業、卸売業、小売業、外食産業それぞれの合計です。金額換算で約11兆円が廃棄されている事になるそうです。

モッタイナイ!

冷蔵庫の中で食べかけのまま、干からびてしまったチーズ。

このまま捨てるのはもったいない。 けどこのまま食べる気もしない・・・。

こんな時は、干からびたチーズの上にウイスキーを振り掛けて置いておくだけ。

たったこれだけで、酒のつまみにピッタリの香り高い柔らかチーズに大変身です。

蓋のついた容器に入れて、3時間が目安です。

こんな名前?

人参の種です。 洒落た名前ですね 「愛美」なんて。

誰が考えたんでしょうね? 彼女の名前? 母親? 娘? 

消費者にとってネーミングなんて気になるのでしょうか?

やっとお披露目

曇っちゃって見づらいですが、アスパラです。

例年より半月遅れで顔を出しました。 収穫まではまだ日にちかかりますがこれから毎日食べ放題です。

春の兆し

まだ畑には雪が残っていますが、暖かくなって雪融けも進んでいます。

雀やセキレイも、巣作りに来ていますし 雪の下だったチューリップや福寿草も芽吹いてきました。

ハウスの中も春です

台風一過?

台風ではありませんが、爆弾低気圧?だとか。 全国各地に被害をもたらしたようですね。

今年は、春一番も無かったようで今後も爆弾低気圧の発生がありそうだと、気象予報士の方がテレビで解説してました。 

地震に比べれば、予測もつくし一過性のものなのでいいのかもしれませんが、自然の猛威には敵いません。

春を待ってます

外は冬でもハウスの中は春! になるのもまだまだ先のようです。

Copyright (C) 2018 Communes ™ All Rights Reserved.